鳥居式らーめん塾 よくあるご質問 | お役立ち情報 | 大成食品株式会社

お役立ち情報

鳥居式らーめん塾、鳥居式らーめん塾 | 2019.08.11

鳥居式らーめん塾 よくあるご質問

鳥居式らーめん塾 よくあるご質問
 

よくあるご質問

ラーメン繁盛店主養成学校 鳥居式らーめん塾について、よくいただくご質問をご紹介します。2019年8月11日更新

よくあるご質問

鳥居式らーめん塾はいつ、どこで開催されていますか?
毎年原則として春、秋2回開講。会場は東京都中野区新井の大成食品株式会社会議室/テストキッチンです。
次回はいつ開講?
例年春秋2回開催です。28期は2019年秋開講予定です。 日程が決まり次第、当サイトおよび公式Facebookページでお知らせします。
鳥居式らーめん塾の受講期間は?
現在、毎週土日 全12回で開催しています。約6週間にわたり、ラーメン繁盛店主として必要な知識や技能を学ぶ日々が続くことになります。
鳥居式らーめん塾、費用は総額でどのくらいかかりますか?
現在の塾費は全12日間で302,400円(税込)です。消費税引き上げ後は変更予定です。 塾費のほか、ご自宅から塾までの交通費、繁盛店視察(食べ歩き)の費用、また遠方の方の場合、土曜の宿泊費が別途かかります。 講義で使う筆記用具、味創り実習で使うエプロンとコックブーツ(厨房用シューズ)等も各自でご用意ください。
入塾の条件は? 飲食業界での経験がなくても入塾できますか? 定年退職後に開業をめざしています。ついていけますか?
募集要項のとおり、塾の理念と方針、入塾の心得を理解・遵守すること。塾の全日程に参加し、同期の仲間と協力して講義・実習を進められることが条件です。 年齢経験は問いません。未経験ながら繁盛店主になった卒業生は少なくありませんし、最高齢塾生記録は72歳。飲食業界未経験者の最高齢記録は65歳です。 味創り実習にはサポートスタッフが立ち会い、きめ細やかに指導しますのでご安心ください。
土日両方は店を休めない。味創りの応用編だけ受講したい。
全日程受講できない方、課題が明確な方は、個別の開業支援/運営支援をご検討ください。サポート内容、スケジュール、予算等、お客様のご希望にあわせたオーダーメードの支援を行います。
外国人です。日本滞在中に豚骨らーめんの基礎を学びたい。通訳といっしょに受講できませんか。
日本語で指導しています。個別支援は通訳の方同伴でご要望に対応できる場合があります。詳細はお問い合わせください。
指導体制の特徴は?
定員 4ー7名程度の少人数制指導で、きめ細やかな指導を行います。繁盛店主となるための基礎基本を7つのカリキュラムにそって指導します。なかでも一番多く時間を割いているのが味創りの講義実習。客層やトレンドの変化などで提供したい商品が変わった際、イメージ通りの味わいを的確に開発できる商品開発力がつくよう、基礎からじっくり指導します。最終日には開業プランと卒業ラーメンのプレゼンを実施。ラーメン評論家の方々による審査、講評で開業までの課題を明確にして開業準備を進めることができます。さらに、卒業生は再聴講永久無料(要予約)。納得できるまでとことん学べます。再聴講では、最新の業界情報をチェックしたり、講師に開業準備や開店後の悩みを気軽に相談できます。
講師陣はどんな人?
塾長は、ベテラン製麺技能士 鳥居憲夫@大成食品株式会社代表。味創り担当の福井則雄講師は、大成食品の商品開発マネージャー。卒業後は開業運営支援担当として、塾生のご繁盛をサポートします。経営、サービス、商品開発、立地調査、店舗設計施工、デザイン、宣伝広告、接客等の講義は、繁盛店創りに携わっている専門家が担当します。また、ラーメン評論家の方々をお招きし、講演と卒業制作の審査をご担当いただいています。詳しくは「講師紹介」でご覧ください。
資料請求するには? 受講までの流れを知りたい。入塾から開業までのステップを知りたい。
資料ご請求は当HP 資料請求フォームからどうぞ。 資料請求から卒業までの流れはこちらの記事、動画でご案内しています。鳥居式らーめん塾 繁盛ラーメン店開業までの7つのステップでご確認ください。「入塾から開店までの流れ」もあわせてご覧ください。
講義の雰囲気を知りたい。お試し受講できませんか?
大成食品 スタッフブログ公式Facebookページ鳥居式らーめん塾 YouTube大成食品株式会社チャンネルの再生リスト「鳥居式らーめん塾」で講義の様子を紹介しています。過去の卒業制作発表会の様子はこちらでご覧ください。 鳥居式らーめん塾卒業制作発表会レポート一覧(リンク集) 2019年春卒業の27期、26期、25期、24期…2010年秋卒業の10期生までの記録を閲覧できます。
卒業制作発表会とは? 審査はどんな感じ?
鳥居式らーめん塾では、講義、実習での学びをふまえ、班ごとにオリジナルラーメンを制作。最終日午後に試食会=卒業制作発表会を行っています。審査員はラーメン評論家の方々(近年は大崎裕史様、山路力也様、山本剛志様)。あなたの開業プラン、オリジナルラーメンを厳正に審査し、細やかな講評をくださいます。それらは開業までの課題であり、開業後の商品開発や集客のヒントになります。審査風景動画は、各期の鳥居式らーめん塾再生リストにありますのでご参照ください。 参考動画 第23期鳥居式らーめん塾卒業制作発表会 評論家の皆様による講評タイム(B班)
地方からの遠距離通塾になります。注意点は?
外国人観光客の増加に伴い、都内のホテルの予約が取りづらい状態が続いています。 通塾に伴う宿泊先探しとご予約はお早めに。入塾手続きを終えた段階で、ネット等で予約をすませておくと安心です。 参考:鳥居式らーめん塾公式サイト 宿泊施設のご紹介
製麺会社主催だから自家製麺も教えてもらえますか?
製麺の講義は厚生労働省認定の国家資格 製麺技能士 鳥居憲夫塾長が担当。製麺の基本は指導しますが、現在のカリキュラム(全12日間)では、スープ作りの指導にもっとも多くの時間を割いています。 鳥居式らーめん塾受講中は、あなたがイメージするスープ作りにまず集中してください。卒業制作のスープにあわせる麺は、常時150種類以上製造している弊社の麺のなかから選択可能。塾スタッフの製麺技能士がこまやかにサポートしますので、納得いくまで試行錯誤できます。 自家製麺のお店の開業をご希望の方は、鳥居式らーめん塾を卒業後、弊社の開業支援をご依頼ください。製麺技能士があなたのご要望、イメージにマッチした麺創りをサポートします。
入塾したら必ず卒業できますよね?
欠席された場合は卒業保留となります。インフルエンザ等による病欠、忌引きも欠席扱いです。次回以降に、欠席された講義、実習を受講していただければ、晴れてご卒業となります。
最近の卒業生の動向は?
新店情報は鳥居式らーめん塾 ニュース欄で随時告知しています。 その他の近況としては…2019年8月14期生大山さんのラーメン大山家、Yahoo!特別企画 第11回 最強の次世代ラーメン決定戦 で「汁なし 海老辛油そば 」が本戦進出。優勝は8月1日から31日までの一般投票で決まります。6月 2期生生田さん経営の「株式会社凪スピリッツ」が、経済産業省による「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選出! 5月17日発売の「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重 2019特別版」。4期生坂口さんの「らーめんNageyari」がミシュランプレートに選出。 鳥居式らーめん塾卒業生のお店がミシュランプレートに選出されるのは、9期生岡本さんの麺処三鈷峰@鳥取県米子市 につづいて2店目です。 4月19−23日 18期生原田さんが、ラーメン女子博 in 静岡 2019に初出店!
卒業後の再聴講のメリットとは?
講師陣は現役の繁盛店創りの専門家。講義内容は最新の事例をふまえ、毎回進化しています。再聴講では、復習だけでなく最新の業界情報や商品開発テクニックをチェックすることができるのです。そもそも求める知識、技能は状況に応じて変化するもの。塾生時代には気づかなかった課題が再聴講によって解決、理解できることもしばしば。開業準備や商品開発のお悩みも、教室で再会した講師陣にお気軽にご相談を。再聴講の際に、ご自身で書き上げた事業計画書やコンセプトシート等を担当講師にみていただくのもよいでしょう。2019年1月に開業した24期生赤澤さん@らーめん一辰(東京都葛飾区亀有3−10−11)店主 も、積極的に再聴講。開業準備中の悩みや疑問を講師陣、先輩店主に相談していました。立地担当の林原講師に調査を依頼して物件を絞り込み、さらに複数のプロたちの眼でチェックしてもらった結果、現在地での開業にこぎつけたのでした。なお、席数の都合上、再聴講ご希望の方は事前にご予約ください。

お役立ち情報一覧